大手キャリアの回線を契約する事で使えるSIMの他にも、MVNOが提供する月額料金が大手キャリアの半分以下の格安SIMが一般的にスマートフォンで使えます。


大手キャリアで契約するSIMを使う利点は、通話定額と高速なデータ通信、クリアな音声です。



格安SIMは、月額料金が安く、大容量プランでも格安で使えるのが利点ですが、その他にもMVNOによっては複数枚で1回線をシェアするといった使い方が行えます。

シェアで使えるサービスを選べば、家族の人数分のSIMカードを発行してもらって、家族それぞれがそのカードを端末に挿入すれば、今までのように家族各々が回線契約をしなくて済みますので、格段に世帯当たりの通信料を節約する事が可能です。



機能面では、通常の契約と変わりませんので、契約したプランの容量が許す限り、LTEのフルスピードでインターネットの利用が行えます。

シェアして使う時には、大容量プランを利用するのも有効な手です。
大容量プランを契約しても、大手キャリアの最低料金プランより安く使えますので、家族でスマートフォンを使う際には重宝します。



動画をある程度観ても大容量プランであれば、容量超過して速度制限になるといった状況に陥りにくくなり、余った分は翌月に繰り越す事が出来ますので、オンラインサービスを頻繁に使うユーザーにとって魅力的な選択肢です。

対応しているスマートフォンは数多くあり、大手キャリアが販売するスマートフォンと比較しても性能は十分ですので、世帯で使うモバイルコンピューティング環境を構築し易いです。