格安SIMは、料金が安いのが特徴です。
スマートフォンを利用している人は、おおむね7000円程度の料金になります。
格安SIMを活用すれば、3000円程度に抑えることが可能です。

デメリットもありますが、料金が安くなることは大きなメリットです。

キャリアメールが使えなくなるというデメリットについても、フリーメールを活用するといった方法で回避することができます。

格安SIMの場合、通話料金がキャリアに比べて高いことが多いです。



キャリアは、国内なら無料といった通話し放題のプランを用意しているのが一般的ですが、格安SIMの場合はあまり採用しているところが少なく、時間当たりの料金が割高になっています。



しかし、あまり電話を利用しない人の場合、かえってこちらの方が安くなります。



通話し放題のプランは、確かに通話料金を気にしなくてよいという点で優れていますが、あまり利用しない人にとっては高くつくわけです。

それなら、MVNOの方を選んだほうがコストを圧縮できることになります。


そのほか、料金プランの柔軟性は高いのが特徴でもあります。


データ容量で余った場合は翌月に繰り越しをすることができる会社が多くなっていますし、月ごとにプランを変更することができるところもあります。

そして、大手キャリアのように2年縛りがないため、解約をするチャンスは多いです。使ってみてか使いやすさを確認したいという場合などにも、気軽に使ってみることができます。