キャリアの利用時より、圧倒的に料金を下げることができるのがMVNOの格安SIMになります。
特に通信のプランにすることだけでも安くなりますので、キャリアの利用料金に不満を持っているのであれば検討してみると良いでしょう。

ただしそんなときにひとつ気になることがあるはずです。それは切り替えるときに掛かる料金になるでしょう。せっかく利用料金が安い携帯事業者に移るのに、初回にお金がとらえるようなことがあれば問題になってしまいます。

事務手数料が掛かると考えてください。3000円くらいで済みます。

ただキャンペーンを併用することによって、事務手数料が無料になるSIMもあります。



その場合はキャリアのような2年間縛りのようなルールが適用されますので注意してください。

またキャリアで縛りに適用されている場合、解約する際に違約金が発生することもあります。
こちらはSIMを購入する事業者に支払うわけではありませんが、発生する可能性があるものとして関心を持っておきましょう。



スマートフォンを購入するお金が必要になると考える人も多いですが、今持っているものを代用することができます。

ただしSIMの形状が色々とありますので、それを合わせる必要があります。

SIMロックが掛かっていることもありますが、ロック解除は比較的簡単です。



ネットであれば無料でできますので、今持っているスマートフォンを代用するのも良いでしょう。
新しいスマートフォンでお金をかける必要はありません。