SIMは、データ通信端末に必要なカードで、これに必要な情報が入っています。

SIMをカードスロットにさしこんでりようすることになります。
昔はロックがあったため、キャリアで購入した場合はキャリアのSIMしか利用することができませんでした。
しかし今では解除が義務付けられており、他社に乗り換える際にも端末をそのままに乗り換えることが可能になりました。



解除の義務化はサービスを利用する人が固定されなくなるため、価格やサービス競争が起こり、結果として魅力あるサービスを選べる環境にあるといえるでしょう。

MVNOと呼ばれる業者は、このSIMを格安料金プランで提供している会社です。

通信回線はキャリアから借り受けて、それを基に運営しています。借りているキャリアの端末であれば通信規格等の問題がありませんから、ロックを解除しなくても差し替えるだけで利用することが可能です。



ロックを解除した場合は、同じ系統であるかどうかは関係なく、どこの物で利用可能です。

注意点としては、ロックを解除しても端末の相性によって利用できないことがありまます。

これは、通信規格などによってセッティングが変えられている場合があるからです。

最近売られている物であればあまりそういったことはありませんが、無きにしも非ずなので購入前にチェックをする必要があります。



確認については、MVNOであれば公式のホームページに動作確認済み端末の一覧が表示されています。